秋葉原のWebエンジニア集団 株式会社 一燈

一燈塾 | 第一回勉強会

一年後のあなたのためのソースコード、教えます。

「改修作業のために久しぶりにみた自分のコードが読めなかった」

「新人の作ったソースコードが難解すぎる!」

「入った現場はドキュメントもなければコメントもなくて四苦八苦した」

そんな悩み、ありませんか?

解決したいと思いませんか?

わたしくたち一燈塾では、その手助けをいたします。

多忙な開発現場や納期が迫っているプロジェクトでは
ソースコードの「可読性」について意識されず
とにかく実装が優先されることも多いかもしれません。
しかし「可読性」の悪い、コーディング規約に則っていないソースコードには
多くのリスクが潜んでいます。

あなたが今日書いたコードは自分自身が修正することを意識していますか?

他社があなたの作った機能を元に実装することを意識していますか?

管理者があなたのソースコードを見て評価しているということに気付いていますか?

多くのWEBシステムは改修や機能追加が発生することを意識していますか?

今、動くプログラムを組んでいくことは勿論のこと、
「可読性」を意識した実装ができるようになることは、
現在の開発現場においてデファクトスタンダードであると
認識してほしいと思います。

一燈塾の事務局ではこのソースコード「可読性」をテーマをもとに
第1回の勉強会を開催いたします。

開発現場のコーディング規約を今見直そうとされた方。
ソースコードのチェックやコメントアウトを「やらなきゃ!」と思われた方
ぜひ、本一燈塾にご参加いただければ幸いです。

申し込みページにアクセスをお願い申し上げます。
※問い合わせ内容を「勉強会の予約」にセットをお願いします。

最後に、わたくしども一燈塾では
開発現場にて勤務をして1〜2年のエンジニアを対象に勉強会を企画しております。
今後も第二回、三回と企画いたしますので、どうぞこの機会に一度足を運んでみては
いかがでしょうか。